ダンス豆知識!第5弾!

ANIMATION(アニメーション)ダンスとは

ANIMATIONダンスは、ストリートダンスの一種であるPOPダンスの中の1つのスタイルとされており、筋肉を弾くという意味のPOPダンスは、もともと『エレクトリック・ブギ(electric boogie)』というもので、ポップスタイル、アニメーション、ブガルー、ロボットダンス、などがスタイルとして存在しています。

 

もともとANIMATIONダンスは、粘土で作られた人形などを1コマごとに動かし撮影を繰り返して映像作品にする『クレイ・アニメーション』や、実写とアニメを合成技術を用いて作られる映像作品『ダイナメーション』を参考に生み出されたと言われています。

中でも有名な技が『サイクロプス』というもので、ダイナメーションの技術を用いて1958年に公開されたアメリカ合衆国の映画『シンドバッド七回目の航海』に出てくる1つ目巨人のサイクロプスの動きをマネして作り出された技だと言われています。

 

ANIMATIONダンスがストリートダンサーの間で広まったのは、1984年に公開された『ブレイクダンス』というアメリカ映画がきっかけと言われており、作中でダンサーのブガルー・シュリンプが『カートゥーン・アニメーション』の特徴であるパラパラ漫画の滑らかなコマ送りのような動きを使って、ほうきを左右に振りながら掃除をする動きや、バトルの対戦相手であるダンサーのポッピン・タコのウェーブやコブラなどのアニメーションスタイルを見ることができ、これをきっかけにANIMATIONダンスが世界へ広まったと言われています。

 

このようにANIMATIONダンスは、『クレイ・アニメーション』『ダイナメーション』『カートゥーン・アニメーション』や『生き物』の動きなどを参考にしたものも多く、今でも新しい動きが生まれ続けています。

 

ぜひANIMATIONダンスに挑戦してみてください!

**************************

蕨市・さいたま市・戸田市でダンスを始めるなら

DLL Dance School(ディルダンススクール)

蕨スタジオ〒335-0004 蕨市中央3-13-1 クアッカ内

☎ 048-211-0173

受付時間 10:00~20:00(月~金)

体験のご予約はこちらから

**************************

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP