ダンス豆知識!第3弾!

HIPHOP(ヒップホップ)ダンスとは

HIPHOPダンスとは、ストリートダンスの1種で、主にダウンやアップのリズムどりを使いながら、HIPHOPミュージックのビートやラップに合わせて踊ることをHIPHOPダンスと呼ばれています。

HIPHOPダンスは、1970年代のアメリカ合衆国東海岸で行われていたブロックパーティーから発展して生まれたと言われています。

 

主なHIPHOPスタイル

Old school・Hiphop(オールドスクール・ヒップホップ)

New jack swing(ニュージャック・スイング)

New school・Hiphop(ニュースクール・ヒップホップ)

Girl’s Hiphop(ガールズ・ヒップホップ)

Style・Hiphop(スタイル・ヒップホップ)

KRUMP(クランプ)

などなど

【オールドスクール・ヒップホップ】

ファンク、ソウル、ディスコミュージックを新しく構築し、それに合わせて踊られたスタイルと言われています。

ラップや早めのビートに合わせて大きく踊るのが特徴のスタイルです。

 

【ニュージャック・スイング】

ブロックパーティーで発展したBREAKダンスとソウルミュージックに合わせて踊られていたソウルダンスが融合したものをニュージャックスイングと呼ばれています。

 

【ニュースクール・ヒップホップ】

音楽の変化や進化によって新しく解釈され生まれるHIPHOPのスタイルです。

 

【ガールズ・ヒップホップ】

HIPHOPダンスに女性らしい動きやしぐさを取り入れたスタイルで、力強い動きや女性らしさが特徴です。

 

【スタイル・ヒップホップ】

主に歌詞の意味や感情を表現して踊るスタイルです。

歌詞の意味や感情を表す部分でJAZZダンスと共通している部分もあり、アーティストや歌手のプロモーションビデオやバックダンスなどで踊られることが多いスタイルです。

 

【KURMP】

ロサンゼルス南部発祥と言われており、頻繁に起きる抗争や暴力をダンスに代えて解消しようという運動から生まれたダンススタイルと言われています。

特に激しく力強いダンススタイルとされており、足を踏み鳴らす(ストンプ)、胸を突き出す(チェストポップ)、腕を振り下ろす(アームスイング)などの動きをベースに、全身を大きく使い自分の感情やエネルギーを相手に表現するスタイルです。

今では様々なジャンルの要素を取り入れ、表現的で自由な自分を表すダンススタイルとなっている。

正式名称は「Kingdom Radically Uplifted Mighty praise」で、その頭文字をとって「KURMP」となっています。

 

一言でHIPHOPと言っても様々なスタイルがあり、中にはダンサーによって呼び方や考えが違い、線引きが難しいスタイルもあります。

 

ぜひ皆さんも自分に合ったスタイル、挑戦したいスタイルを見つけてみてください!

 

 

 一部Wikipexdiaを参考

*************************************

蕨市・さいたま市・戸田市でダンスを始めるなら

DLL Dance School(ディルダンススクール)

蕨スタジオ〒335-0004 蕨市中央3-13-1 クアッカ内

☎ 048-211-0173

受付時間 10:00~20:00(月~金)

体験のご予約はこちらから

*************************************

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP